姉妹ブランド「RIVERET」がパリの代表的なアートフェア  “Salon Art Shopping”に参加。

agney*の姉妹ブランドRIVERETが、フランス・パリの代表的なアートフェア「サロン・アート・ショッピング(Salon Art Shopping)」からお誘いを受けて参加しました。

■「サロン・アート・ショッピング(Salon Art Shopping)」とは?

パリを中心に各国で活躍するアーティスト、ギャラリストが続々と集結。
世界中の優れたアート作品が一堂に会し、絵画・アート・芸術作品が展示販売される一大芸術イベントです。本年のアート・ショッピングには世界各国から149組のアーティストと51組のギャラリーが出展されています。

■「カルーゼル・ドゥ・ルーヴル」

会場はカルーゼル・ドゥ・ルーブル。
ルーヴル美術館から地下通路で直結する大型商業施設で、美術関係者やアートファンが世界各国から来場します。

ファッション業界の最先端「パリ・コレ」が開催されているのも、ここカルーゼル・ドゥ・ルーヴルのサロンスペースとのことです。

映画『ダ・ヴィンチ・コード』で一躍有名になった、あのガラス製の逆ピラミッドがシンボルを見てスタッフも圧倒されました。

展示会会期中はルーヴル美術館の学芸員、学術機関教授、ギャラリスト、マスコミ・出版社などのVIPも続々と来場。

■RIVERETの人気商品を出品

今回出品した、RIVERETのカフェ・オ・レマグやおちょこの新シリーズ、そして目玉の「マンハッタン」、美術館の学芸員さんに気に入って頂きその場で数点、購入して頂きました。

立体芸術として少しは評価を頂けたかなと思います。
フランスのお客様は製品に対する美意識とブランドストーリーに対して特にこだわりを持っています。RIVERETの製品に対してはその造形美と手触り、そして天然素材を使う理念を評価して頂けたようです。

弊社の職人さん達も喜んでくれるかなと思い報告と一緒に写真をパリから送付したのですが高い絵画ばかりでみんなそっちに興味を持っていました。
http://www.japanpromotion.org/art-fair/art-shopping/




◆「RIVERET」食器製品とは・・・

「RIVERET」の各種製品は、天然素材(孟宗竹)の美しさと卓越した職人の技を極めた、今までにないナチュラルテーブルウェアとして高い評価をいただいているブランドです。
しっくりと手に馴染むこだわりの曲線と、盛り付ける食材を引き立てる自然の風合いなどデザイン性だけにとらわれることなく、普段使いとしてさまざまなシーンに溶け込む全く新しい竹製食器。高級感ある「RIVERET」は、結婚式の引き出物や大切な人へのギフトとしても最適です。 

また、全ての食器類は、一般財団法人 日本食品分析センターによる試験結果をクリアし、天然緑茶成分配合の塗料と竹本来の持つフィトンチッド*の相乗効果で「大腸菌・黄色ブドウ球菌の抑制」を実証した独自開発のコーティング技術「LOHASコート」を施した製品です。6層にも及ぶコーティングは、コーヒーやワインなどの色の濃い飲み物や料理にも安心してご利用いただけます。さらに、これまで使用できなかった家庭用食洗機にも対応。天然素材食器では稀にみる食器洗い乾燥機耐久テストに合格。陶器やガラス製食器と変わらず、食器用中性洗剤で洗うことが可能なことも大きな特徴です。

RIVERET
Translate »